事業内容

当センターは「相談」と「地域支援・普及啓発」を二つの大きな柱としています。

1.相談

子どもから大人まですべてのライフステージにおける本人・家族および学校、就労、福祉等の関係機関からの、発達障害に関わる様々な相談をお受けしています。

 

2.地域支援・普及啓発

1)研修
支援者向け・行政職員向けなど、発達障害のある人に関わる支援者・職員に対する理解啓発および育成研修の企画運営を行います。
2)講師派遣
企業や教育、司法、行政等、様々な関係機関が企画する研修への講師派遣や研修内容についての相談をお受けし、普及啓発に努めています。
3)コンサルテーション
福祉や教育、就労関係機関等、様々な関係機関に対する支援内容や支援方法、研修、企画についてのコンサルテーションを行います。
4)区市町村の支援体制整備
発達障害のある人にかかわる行政機関の方からの相談やコンサルテーションをお受けしています。地域によって社会資源や人口規模等、支援体制整備の状況は大きく異なっています。そのため、個々の状況にあわせてコンサルテーションしていくことが重要です。

○区民講座・職員研修・事例検討会等への講師派遣、各種委員会への協力

○緊急性の高いケース、対応が困難なケースについての相談

○区市町村が抱えている課題、支援体制や支援システムについて共に検討していくこと

○東京都内の区市町村の支援状況や関係機関についての情報共有と情報提供

○支援困難事例検討会の開催 など

 
詳しくは、トスカのホームページをご覧下さい。