めばえ学園

言葉や人間関係の発達に問題を抱える子どものための、幼児通園施設です

昭和41年に法人認可を受け、以来、幼い子どもや障害児・者を理解し、自発的なより良い暮らしができるよう、発達の支援を続けています。めばえ学園は、昭和55年4月1日に精神薄弱児通園施設(現在は、児童発達支援センター)として認可を受け開設しました。

めばえ学園の療育方針

社会福祉法人嬉泉では、長年、子どもの発達や生活を援助する仕事を続けています。中でも自閉症をはじめとする「人との関わりを持つことができにくい」という特徴を持つ人たちに対する、療育の取り組みを行ってきました。

そしてこれまでの取り組みで、私たちは子どもの側から見ていく気持ちが何よりも大切であって、基本は、家族が中心となって、子どもとの安定した生活の維持や改善を心がけることが大事であると考えています。

子どもの表面に現れる態度や行動だけを見て、否定したりせずに、その奥にあるその子の心の働き(例えば行動や態度の元になっていること、どうしてその子は「そうせざるをえなかったのか」というようなこと)を考え、「まずは受け入れ、共感し、理解しようとすること」から始めます。そして、子どもへの好意を持ち続け、「人間的な触れ合い・交流」を積極的に展開していくことで、その大切さを根気よく分からせていくことや、周囲の状況や人との関わりを主体的に行う自我の働きを育てていくことを目指しています。

 

対象となる児童

言葉や人間関係など発達上支援が必要な就学前の児童。

一人ひとりの発達課題を大切にした日課

・「自由遊び」では、子ども達が好きに遊んでいるなかで、療育支援者が本人の気持ちや要求を理解したうえで、不十分な表現を代弁しながら人間関係をはぐくみます。

・「課題を設定しての指導」とは、課題を媒介としながら、人からの話や働きかけなどを理解し、人への関わり方を学ぶという指導です。

・「個別指導」「小集団指導」とは、療育支援者との基本的な交流ができているお子さんに対して、更に個々に応じた課題を設け、集中的に関わる指導です。

ご利用方法、手続き

利用を希望される場合は、お住まいの区市町村の担当窓口にお申出ください。なお、施設のご見学は随時行っていますので、下記にご連絡ください。

  • 〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-30-9
  • Tel:03-3426-2323
  • Fax:03-3706-7242

アクセス

  • ・小田急線 千歳船橋駅下車 徒歩5分
  • ・東急バス 渋谷-祖師ヶ谷大蔵:千歳船橋下車 徒歩3分
  • ・田園調布-千歳船橋:千歳船橋下車 徒歩3分
  • ・京王バス 千歳烏山-千歳船橋:千歳船橋下車 徒歩3分
  • ・小田急バス 成城学園-千歳船橋:千歳船橋下車 徒歩3分

交流保育

子どもの発達の状況を考慮の上支援の一環として、同じ建物の中に併設されている保育所(すこやか園)園児と交流する機会を設けています。

多面的・長期的なサポート体制

定期的なお話合いや、勉強会をはじめ、必要に応じて保育参観、母子保育・家庭訪問などを実施して、ご家族が安心して意欲的に子育てができるよう支援に努めます。卒園後も法人が経営する「こぐま学園」(有料)や相談(有料)など、継続した支援を受けることができます。

マップ